【失敗しない】就活スタートが遅い人でも内定を複数取れる3つのポイント

体験談

2021年3月21日更新

✔就活スタートが遅れたけど、失敗したくない
✔内定は1社だけでなく、複数社取って選びたい
✔これからどうすれば内定が取れるのか知りたい

 

就活スタートが遅れてしまったけど、
ブラック企業には行きたくない…

 

 

そう思っている学生がこの記事を読んでいる思います。
出遅れてしまった就活…
不安で仕方ありませんよね…

 

 

でも大丈夫です。

 

 

この記事を書いている私は、
2020年3月に卒業が決定している中で、2019年12月の年末に就活を始めました。

 

内定獲得は4社、入社したのは財閥系メーカーの関係会社です。

しっかりとした手順で就活を進めていけば、どんなに遅れてしまっても挽回することができます。

 

 

本記事では、就活スタートが遅れてしまっても、
「就活失敗」とならないポイントをお伝えします。

 

 

本記事の内容

✔就活スタートが遅い人でも内定を取るポイント
✔就活で失敗しないための具体的な行動

 

私がどのように就活を進めたのかを書いた記事はこちらです。

 

【卒業3か月前から就活】スタートが遅い僕でも内定4社もらえた失敗しない就活術
「就職活動のスタートが出遅れた!」「何から始めればいいんだろう…」と悩んでいる方に向けた記事です。本記事では卒業3か月前から就活した私が、内定4社GETするまでどんな風に就活を進めてきたのかを記載しています。周りと比べて遅い就活のスタートでも、失敗せずに良い企業から内定を取ることができます。

 

以下の情報は私が勤める企業の情報です。

月平均残業
20~30時間
(みなし残業制ではないため、全て残業代に組み込まれます)
給与
初任給21,5000円(+残業代)
ボーナス
2か月分給与
家賃補助
75%補助
(僕は6.8万の物件に1.7万円で住んでいます)

 

私が実際に使っている新卒入社先の会社の名刺です

 

1.就活スタートが遅い人でも内定を取るポイント

就活スタートが遅い学生が良い企業から内定をもらうためには、これが一番大切です。

 

就活力の早急なレベルアップ

 

ここで言う就活力とは、内定を勝ち取る力です。

具体的に言うと、以下のような要素です。

✔志望動機が明確
✔面接・人事との会話に慣れている
✔ガクチカで話す内容を相手に合わせられる

 

これらの力をいち早くつける必要があります。

なぜなら、良い企業の求人は、埋まり次第採用が止まってしまうからです。

周りと比べて就活スタートが遅れた場合、企業の採用が徐々に止まりだしていることは確実です。

なので、早急の就活力向上が必須で、はやめの内定GETが理想的です。

これから内定をもらうポイント(=就活力向上のための3つのポイント)を紹介していきます

 

Ⅰ プロにサポートしてもらう

 

就活力のレベルアップに大きく貢献してくれるのが、就活のプロの存在です。

就活のプロとは、このような人たちです。

・面接対策をしてくれる
・ES添削をしてくれる
・自己分析を手伝ってくれる
企業の人事側の情報もくれる

 

特に大事な点が、「企業の人事側の情報もくれる」という点です。

企業の人事がどんな人を欲しがっているのか、どんな人材がマッチしていると考えているのかを知っておかないと、内定はもらえません。

まず、何事も相手をしらないと戦えません。

就活の場合は、人事がその相手です。

 

人事側:「ウチに来てくれたら活躍するか」
学生側:「どうしたら内定をくれるか」

 

面接では、このような思惑の両者が会話をしています。

その際に、企業の人事がどんな人を欲しがっているのかどんな人材がマッチしていると考えているのかを知っておかないと、行きたい企業から内定をもらえません。

なので、就活のプロから情報をもらうことが大切なのです。

就活サポートのプロを活用し、
就活力アップ&企業情報の細かな点を知ろう

 

【徹底比較】おすすめの就職エージェント9選〈実際に使用した感想付き〉
おすすめの就職エージェントがネットにいくつもありすぎて選び方がわからない就活生!本記事では、実際に9つのエージェントを使ってみた感想や良いポイント・ネックポイントを比較しながらまとめています!あなたに合うエージェントの条件・絞り方も解説していますので、3分後には自分に合うエージェントに登録できます!

 

就職エージェントだけでなく、必ず逆求人型の就活サイトも登録しておきましょう!スカウトがもらえます!

エージェントと作ったプロフィール文をそのままコピペし、スカウトを受けまくりましょう!

✔スカウト型就活サイト最大手
✔就活生の3人に1人が登録
✔<3年連続>学生利用率No.1
(2019〜2021年卒学生対象)

 

※プロ以外のサポートであれば、OBOG訪問がおススメです!

『ビズリーチキャンパス』は特におススメで、自分の大学の先輩に「就活の進め方」や「ES添削」「面接対策」などを無料でやってもらえます!

同じ大学出身のOB/OG訪問「ビズリーチ・キャンパス」

 

Ⅱ ガクチカの完成度を高める

 

『ガクチカ』とは「学生時代に力をいれたこと」の略です。

 

✔ガクチカに関するまとめ記事はこちら

【就活面接】『ガクチカ』とは学生時代に何かしら考えて行動したこと
就活の面接で必ず必要になる「ガクチカ」。「ガクチカ」とは一体何なのかよくわかりませんよね。本記事では、「ガクチカ」の定義や、内容、面接官がガクチカで見ている点、自己PRとの違いなどを解説しています。これから就活を始める人で「ガクチカ」についてイマイチよく分からない人は必見です。

 

ガクチカは面接やESで必ず質問される項目で、就活生であれば準備していない人がいないくらい重要です。

もしこの記事を読んでいて、ガクチカを準備していないと思われた場合は、必ず作りこんでください。

 

ガクチカが重要な理由

『ガクチカ=人事がその学生のポテンシャルをはかる判断材料』だから

 

新卒の就職活動は「ポテンシャル採用」です。

ポテンシャル採用とは、知識も経験も無いが、育てていけば活躍してくれそうだと判断されて採用されることです。

ガクチカは、採用側が最も重視する
「その人のポテンシャル」を知るために必要なものなのです。

【内定複数社獲得!】就活で失敗しない5ステップのガクチカの作り方・書き方
『ガクチカがないから困ってる』『何を話せばいいのか分からない』と悩んでいませんか?本記事では『ガクチカを作る上でのネタ探し』から解説してますので、「これから本格的に就活始めようと思っているけど、準備が全然できてない」という就活生は必見です.。

 

ポテンシャル採用となる新卒採用において
一番重要な『ガクチカ』を一生懸命作成・練習した

 

Ⅲ 面接を数多くこなす

 

「面接=慣れ」です。

はじめはかなり緊張します。
また第一志望の企業の面接もかなり緊張します。

そのため、自分のアピールポイントをしっかり人事に伝えるためには、回数を重ねて、面接で話すことに慣れる必要があります。

 

入社希望が高くない企業も最初のうちは面接を受けましょう。

そしてできることなら、面接のフィードバックを受けてください。

もし就職エージェントに登録している人であれば、
エージェントへお願いすれば必ずフィードバックが返ってきます。

 

おすすめの就職エージェント情報はこちらの記事へ

おすすめの就職エージェント9選

 

面接⇒フィードバック⇒構成・話し方改善⇒面接

 

これらを繰り返し、第一志望の企業の面接時に100%の自分を見せられるようにしましょう。

 

面接をたくさん受けて、
面接官と話すことに慣れていきましょう

 

2.就活で失敗しないための具体的な行動

 

本記事では「就活の失敗」をこのようにイメージしています。

就活の失敗

入りたかった企業で内定がもらえず、たまたま内定がでた企業に入社。しかし入社してみると過重労働を強いられ、好きでもない仕事を朝から晩までやらされ続ける。土日がとにかく楽しみで、日曜の夜には憂鬱になる

 

こうならないためには、自分に合った働き方をしている企業自分が少しでも興味のある分野で事業を展開している企業など、「ここで働きたい」と思える企業と出会い、そこから内定をもらう必要があります。

 

そんな企業と出会い、内定をもらうための具体的なアクションをお伝えします。

 

Ⅰ 就職エージェントに登録

 

まず、就職エージェントに登録に登録しましょう。
失敗しない就活をするためには、何よりも就活力の早急なレベルアップが必要です。

就活力を短期間で向上させるためには、一人では限界があります。

プロに手伝ってもらいながら、面接対策・ES添削・企業情報収集をしていくことが大事です。

私が就活を始めたとき、就活エージェントには9社登録しました。
私が実際に使ってみて、どう感じたか・どこのエージェントがおススメかは、以下の記事でご覧ください。

【徹底比較】おすすめの就職エージェント9選〈実際に使用した感想付き〉
おすすめの就職エージェントがネットにいくつもありすぎて選び方がわからない就活生!本記事では、実際に9つのエージェントを使ってみた感想や良いポイント・ネックポイントを比較しながらまとめています!あなたに合うエージェントの条件・絞り方も解説していますので、3分後には自分に合うエージェントに登録できます!
遅れた就活=スピード×多くの情報収集が大切
⇒就職エージェントに登録がおすすめ

 

Ⅱ 逆求人イベントに参加

 

「逆求人イベント」とは、スカウト型就活イベントです。

通常の企業説明会は、企業のブースに学生が訪れますが、逆求人の場合は、学生のブースに企業の人事が訪れます

そして学生側が自分がどんな人材で、将来どうなっていきたいのかをアピールします。

今はオンラインで行われることが多いですが、この逆求人イベントに参加するとこのような利点があります。

 

・1日で数多くの企業と出会える
・人事からの深堀・フィードバックをしてもらえる
・自己分析が深まる
・就活仲間と出会える

 

実際私が学生時代にインターンしていた「株式会社ジースタイラス」も逆求人イベントを開催しています。

また、私が就活していた時に相談していた、
千手禅二郎氏が代表取締役を務める「ルビーイン株式会社」も総合職逆求人を開催しているので、興味がある人は覗いてみてください。

【元インターン生が暴露】逆求人フェスティバルの評判・感想/特別選考あり!
『逆求人フェスティバルの評判や感想を知りたい!』『特別選考とかあるのかな…』という就活生に。本記事では運営会社で7か月間働いてた私が解説しています。メリット・デメリットを含め、逆求人フェスティバルに参加するまでの流れ・大変なこと・参加することで身につく力などを紹介します。
逆求人イベントが開催されていたら、
積極的に参加し、
たくさんのフィードバックをもらいましょう

 

Ⅲ エントリー企業をできる限り増やす

 

就活したての最初のうちは、面接数を数多くこなすために、エントリー企業は増やしてください。

興味があまりなくても
「とりあえずエントリーするか」
「この日のこの時間ならん面接受けに行けるからエントリーするか」
といった具合にエントリーしていきましょう。

 

✔就職エージェントに登録している人は、
エージェントから紹介される企業をどんどん受けてみましょう。

 

面接後は必ずエージェントから企業側のフィードバックをもらってください。

フィードバックをもらったらエージェントと再び面接対策をやりましょう。
そうすることで、就活力が早く向上します。

 

就活力とは

✔志望動機が明確
✔面接・人事との会話に慣れている
✔ガクチカで伝えたいことを相手によって変えられる

 

3.まとめ

Ⅰ 就活スタートが遅い人でも内定を取るポイント

就活を始めるタイミングが遅くなってしまった学生は、早急な就活力向上が必須です。

そのためには、これらの3つが重要になります。

①プロにサポートしてもらう
②ガクチカの完成度を高める
③面接数を数多くこなす

これらのポイントを抑えていくためには、
次のような行動が必要になります。

 

Ⅱ就活で失敗しないための具体的な行動

 

①就職エージェントに登録
②逆求人イベントに参加
③エントリー企業を増やす

 

私は、就活力を2~3週間で高めるために、2日で9つのエージェントに登録し、1か月で約25社にエントリー、逆求人イベントは私の代はさすがに遅すぎて終了してしまっていたので、スタッフとして参加しました。

ぜひこの記事を読んでいる皆さんも失敗しないための就活をして、希望のキャリアを歩んで行ってほしいと思います。

ガクチカnavi運営者
ガクチカnavi運営者

失敗しない就活エージェントを探すにはこちらの記事を参考に!

タイトルとURLをコピーしました